―自然に学び、自然を真似る―

    ようこそ NPOニュークリア・サロンへ 

                    ☆事務所地図 

   皆様のご意見をお寄せ下さい: nsf@onyx.ocn.ne.jp   

  

    設立趣旨書            会員参加のお願い    参加申込

    講演会の予定

 

  NPO法人ニュークリア・サロンの講演会の内容

  ☆NEW☆

   日頃からNPOニュークリア・サロン(Nuclear Salon Fuji-i e)の活動に 

   ご理解とご協力 をいただき、厚く御礼申上げます。

 2017年9月20日(水) 

  9月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

  「SCNESに向けた取り組み」

      NPOニュークリア・サロン理事 森 建二 氏

         資料    pdf

nsf_talk1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

  2017年8月23日(水) 

  8月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「軽水炉の再稼働の課題- 主に規制委と訴訟の壁」

         大阪大学名誉教授 宮崎 慶次 先生

        資料  pdf

 

 ◆お知らせ◆                               

               平成29年8月4日


 1.NSFの今後の講演会予定(確定分)


  来月と再来月の講演会の予定をお知らせします。

    8月23日(水)  宮崎 慶次  先生
      軽水炉の再稼働の課題- 主に規制委と訴訟の壁

    9月20日(水)  森 建二   理事
      SCNESに向けた取り組み(仮題)

   10月以降は、軽水炉再稼働の話題、アジアにおける原子力開発と日本に

   求められること、等、興味深い話題提供を担当理事及び関係者から

   講演頂く予定です。

   講演内容が決まり次第、掲示させて頂きます。

  2.NSF主催の勉強会について


  今年度は、下記3テーマについてNSF事務所にて、正会員及び賛助会員有志

  で構成されるメンバーで勉強会を開催しています。各WGの活動趣旨と

  担当理事は次の通りです。


  ◎第1ワーキンググループ (小竹理事)


  SCNESに係る主要事項について、藤家先生の著作の趣旨を踏まえて、

  わかり易く原子力関係者及び一般公衆等に説明できる「図と簡潔な文章」で

  小冊子の作成。

  ① 核廃絶と原子力の平和利用

   日本の原子力を考える原点、原子爆弾救護報告書の結辞(永井隆博士)、

   「Atoms for Peace」と原子力基本法の制定

  ② 原子力に対する時代認識(1)


    地上の原子力:核分裂エネルギー、原子力研究開発の黎明期から今日

  ③ 原子力に対する時代認識(2)

    原子力の大局観(利用から調和へ、自然環境との調和、

    社会環境との調和)


  ④ 原子力に対する時代認識(3)


    原子力システムのあるべき姿、第4世代炉からSCNESへ


  ⑤ 原子炉の安全確保の考え方


   原子炉施設の安全性、福島第一事故の被曝線量、自然放射線による

   被曝線量

  今後検討していくテーマ(案):


   ・ 東電福島第一原子力発電所事故:何が起こったか、海外に伝えたこと、


     事故の影響、学ぶべき事項

 
   ・ 東関東大震災で安全確保に成功した原子力発電所


   ・ 高速炉サイクルの開発意義:燃料の増殖と放射性廃棄物の

     減容・有害度低減の同時達成


   ・ 究極の原子力エネルギーシステムへのアプローチ:

     自然に学び自然を真似る(自然は閉サイクル)、

     目指すべき核燃料サイクル、高速中性子の役割


   ・ 化学文明から原子力文明への転換:総合科学技術としての原子力、

     放射線利用からエネルギー利用へ


   ・ 世界のエネルギー需要、世界の原子力発電規模の予想


   ・ 2℃シナリオと世界の原子力


   ・ 世界のエネルギー自給率、再生可能エネルギーの本質と現状


   ・ 日本のエネルギー需要、自給率の変遷、等。

  ◎第2ワーキンググループ(森理事)


   放射性廃棄物の有害度低減のクライテリアについて多面的に検討し、

   理由とともに適切な表現を決める。(例:①天然ウランの1トン相当の

   ベクレル数、②100万kWeの軽水炉を1年運転するために必要となる

   天然ウラン量のベクレル数、③これらのベクレル数による内部被ばく

   線量、等)


  鉱石法は、核種毎に地表に放置できるベクレル数を規定している

  事実や、放射線障害防止法との関連で、どんな数値、定義が

  妥当かを検討する。


  この他、SCNESに関する技術的検討を行う。

  ◎第3ワーキンググループ(佐賀山理事)


  世界の原子力発電の現状、高速炉開発の現状と将来展望


  ロシア、中国、印度の開発戦略


  フランスの開発戦略


  英国、米国の開発戦略


  EUの動向、等。

  7月19日の講演会で紹介された世界の高速炉の開発戦略、

  開発動向や各国の原子力を取り巻く情勢について調査分析を行い、

  分かり易く一般公衆に伝える資料を検討する。

  なお、これらの勉強会の活動状況や成果は、今後、適宜NSFの

  ホームページに掲載していく予定です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NPO法人ニュークリア・サロンの講演会の内容

  2017年7月19日(水) 

  7月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「世界の高速炉開発の最新状況 FR17国際会議に参加して」

         ニュークリア・サロン代表理事 佐賀山 豊 氏

        配布資料  pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 資料の公表について

 ◆資料名◆

  「将来の高速炉サイクルオプションとしての統合型高速炉(IFR)

  の技術的可能性について」 

  -小型金属燃料高速炉と乾式サイクル施設を併設したIFR-

 ◆経緯◆

  本資料は、NPOニュークリア・サロンが平成27年度と28年度に

  笹川平和財団の委託事業の一部を請負い、三菱重工業(株)、

  日立GEニュークリア・エナジー(株)、(株)東芝及び同研究会の

  委員や米国アルゴンヌ国立研究所の専門家等の意見を含めて、

  取りまとめた資料です。

 ◆掲載・転載許可について◆

  この資料の著作権は全て笹川平和財団及び受託先の

  NPOニュークリア・サロン、三菱重工業(株)、

  日立GEニュークリア・エナジー(株)、(株)東芝に帰属します。

  同資料中の文章あるいは図表等を引用する場合は、

  NPOニュークリア・サロンまで必ず事前にご連絡をお願いし、

  使用許可を取ってからご利用願います。

 ◆添付ファイル◆

  将来の高速炉サイクルオプションとしての統合型高速炉(IFR)の

  技術的可能性

    (和文)  pdf           (英文)  pdf

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   NPO法人ニュークリア・サロンの講演会の内容

  2017年3月10日(金) 

  3月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「「NSFの」活動を振り返って」

         ニュークリア・サロン代表理事 藤家 洋一 氏

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           2月は休会させていただきました

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2017年1月17日(火) 

  1月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「高速炉開発と国際協力」

         ニュークリア・サロン副代表理事 佐賀山 豊 氏

    配布資料  pdf

  nsf_talk1

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 

nsf_talk1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2016年12月21日(水) 

  12月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「人類の持続的発展に貢献する原子力システム

   -化学反応の文明から核反応の文明への緩やかな移行-」

         ニュークリア・サロン代表理事 藤家 洋一 氏

    配布資料  pdf

 

 

  2016年11月2日(水) 

  11月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   笹川平和財団 「原子力の持続可能性に関する研究」報告

         ニュークリア・サロン副代表理事 佐賀山 豊 氏

    配布資料  pdf


 nsf_talk1   

 

nsf_talk2

 

nsf_talk3

 

nsf_talk4

 

nsf_talk5

nsf_talk6

 

nsf_talk7

 

nsf_talk8

 

nsf_talk9

 

 

 10月は休会させていただきました

 2016年9月21日(水) 

  9月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

  「人類、文明、原子力」

    配布資料  pdf

      ニュークリア・サロン代表理事 藤家 洋一 氏

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  8月は休会させていただきました

 2016年7月20日(水) 

  7月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

  「地球に生まれた生態圏と化石エネルギー文明」

   原子力の将来像

    講演概要  pdf

      ニュークリア・サロン代表理事 藤家 洋一 氏

 

 2016年6月22日(水) 

  6月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「原子力-自然に学び、自然をまねる」 

                   講演概要  pdf

      ニュークリア・サロン代表理事 藤家 洋一 氏

  

  原子力の長期展望
  Ⅰ 原子力の正論とアカデミアの役割
    1. 原子力開発半世紀を過ぎて
    2. 原子力の本質と長期展望
    3. 原子力の広がり、自然に学ぶ
    4. アカデミアの役割

  Ⅱ 自然環境との調和
    1 .石油文明の曲がり角
    2. 生態系のエネルギーシステム
    3. 自ら整合性ある原子力システム
    4. 整合性達成の科学的可能性
    5. 科学的可能性と技術的実証

  Ⅲ 人類文明との調和
    1. 地方が原子力を見る時代
    2. 原子力安全の社会性
    3. 情報公開と社会受容性
    4. 国際社会への貢献

       講演資料

          自然に学び、自然をまねる原子力   pdf

 

 

 2016年5月19日(木) 

  5月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「原子力の持続可能性についての研究」

   プロジェクト報告

    ニュークリア・サロン副代表理事 小竹 庄司 氏

   講演資料 pdf

electrolysis

electrolysis

 

 

  2016年4月21日(木) 

  4月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「もんじゅの意味と期待」

    ニュークリア・サロン代表理事 藤家洋一 氏

   講演資料 pdf

    monju

monju

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2016年3月25日(金) 

  3月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

 「国際シンポジウム -放射性廃棄物低減

 に向けた現状と将来展望- 報告」

 佐賀山 豊 氏

 JAEA理事長シニアアシスタント・NSF副代表理事

 講演資料 pdf

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  国際シンポジウム

  「放射性廃棄物低減に向けた現状と将来の展望

   ~次世代の安心に向けた挑戦~」

  2016年2月17日に星陵会館にて国立研究開発法人日本原子力開発機構主催、 NPO法人ニュークリア・サロン協賛 文部科学省、一般社団法人日本原子力学会の後援で標記の国際シンポジウムが開催されました。

  国際シンポジウムご案内書  pdf

  国際シンポジウムのプログラム pdf

  国際シンポジウムのポスター  pdf

  藤家洋一NPOニュークリア・サロン代表理事の講演資料 pdf

a_wide_perspective_on_nuclear_energy

  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2016年2月24日(水) 

  2月は、元宮内庁東宮大夫・元外交官 古川 清氏と

  NSF代表理事 藤家 洋一氏お二人に対談形式で、

  日本の原子力を中心としたエネルギー政策等についての思い

  をお話しいただきました。

 

  対談資料

   文明論から見た総合科学技術としての日本の原子力の将来 pdf

 nuclear_science_and_technology

 2016年1月20日(水) 

 1月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「年頭所感」

    NPO法人ニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

 

 2015年12月16日(水) 

 12月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

  「原子力の目指すべき姿について」      

  NPO法人ニュークリア・サロン 副代表理事 

  日本原子力発電株式会社

    開発計画室 担任 小竹 庄司 様

  配布資料  pdf

FP Burn by FR

 2015年11月19日(木) 

 11月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

   「環境負荷低減と常陽、もんじゅの果たすべき役割」

    国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

    高速炉研究開発部門

    次世代高速炉サイクル研究開発センター長

                   上出 英樹 様

   配布資料      pdf

  HLW

 

 2015年10月21日(水) 

 10月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

  「世界の高速炉サイクル技術開発の現状について」

     国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

                   佐藤 浩司 様

  

 配布資料        pdf

    報告内容

    1.世界の高速炉サイクル技術開発の概要

      

   2.各国の高速炉サイクル技術開発にかかわる政策と位置づけ

    3.各国の高速炉サイクル技術と開発実績・今後の開発計画

       france フランス   russia ロシア   india インド

       china 中国     usa 米国    korea 韓国

 

    4.各国の高速炉サイクル技術に係る国際協力の枠組み

    5.第4世代炉とGIF

      gen4

 

 (参考資料)

  1.世界の高速炉開発の歴史

  2.日本の高速炉サイクルの研究開発(FaCT開始時)

  3.日本の高速炉開発

  4.「常陽」の燃料交換機能の一部阻害の概要

  5.「常陽」の新規制基準対応と再稼働スケジュール(案)

  6.高速増殖原型炉もんじゅの経緯

  7.ナトリウム冷却高速炉

  8.高速増殖炉サイクル実用化研究開発計画 (震災前後の変化)

  9.海外諸国が開発を進めている炉型と我が国の炉型

 10.ロシアの高速炉開発の状況

   russia1

 11.インドの原子力開発計画

 12.インドの高速炉開発の状況

     india1

 13.中国の高速炉開発の状況

      china1

 14.米国と韓国との二国間原子力協力協定

 

 

 

2015年9月24日(木) 

 9月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

1.「核燃料サイクルの確立に向けて」

     NPO ニュークリア・サロン 代表理事

                          藤家 洋一

      配布資料

     (1)核燃料サイクルの確立にむけて     pdf  

     (2)核分裂反応の財産とその使い方    pdf

     (3)自ら整合性のある原子力システム:SCNES  pdf

 

               pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。

 

  SCNES

2015年8月26日(水) 

 8月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

 1.「日仏 ASTRID協力の概要」     pdf

      NPO ニュークリア・サロン 副代表理事 

      日本原子力研究開発機構     佐賀山 豊

   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                    ☆トピックス☆

 藤家洋一先生の著書「原子力の本当の話」がハングルに翻訳され、

 この度、韓国にて出版されました。6月17日に出版を記念して韓国にて

 藤家洋一先生による特別講演会が開催されました。

 韓国での著書の表題は「神がくれた最高の贈り物」です。

 韓国での書籍広告記事をpdfファイルで紹介します。

         pdf  ハングル版   pdf  日本語訳

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 2015年6月24日(水) 

 6月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

 1.「これからのアジアに於ける原子力協力に向けて」

    韓国出張報告                     pdf 

    NPO ニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

 

 2015年5月21日(木)

 5月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

 1.「もんじゅの現状と今後の取組み」  pdf

    国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

                      理事 吉田 信之

 2.「日・韓の原子力協力に向けて」     pdf

     NPO ニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

 pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2015年4月23日(木)

 4月の講演は以下の内容で行われました。

  講演内容

 1.「日本における原子力研究開発の基本政策」

      NPO ニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2015年3月25日(水)

  講演内容

 1.「ニュークリア・サロンの活動成果と

                 今後の方向について」

        NPO ニュークリア・サロン 副代表理事 森 建二

        pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。  pdf

 2.「これからのアジアのために -国際協力-」

       NPO ニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2015年2月25日(水) 

地球温暖化問題は、京都議定書以来、国際間の合意ができていない状況です。現在各国では炭酸ガス排出削減目標を議論しております。こういった中で、EUの炭酸ガス排出の削減の動きについてお話をいただき、あらためて核反応でエネルギーを確保しながら環境の保全が可能なシステムを考えていきたいと思います。

 講演内容

 1.「地球温暖化問題と政治的思惑」

     朝海 和夫氏

     EU元日本代表全権大使、JAEA元特別顧問、

     COP京都会議当時日本政府代表(環境担当大使)

     pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。  pdf

 2.「ドイツの矛盾を抱える、日本の決まらない電源政策

     自然・再生可能エネルギー、原子力、

     温暖化の観点から」

        菅野 義彦 氏

        三菱マテリアル元常務執行役員

               (環境・エネルギー担当)

        NSF会員(在独)

  pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。  pdf

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2015年1月28日(水) 


ホウ素中性子捕捉療法で大きな成果をあげておられる大阪大学の加藤逸郎先生と加藤先生はじめ多くのがん専門医が渇望している中性子装置の開発計画を進められている堀池 寛先生をお迎えして、中性子によるがん治療の優秀性と液体金属リチウム方式の中性子源装置の開発についてお話しいただきました。
現場の医師から、がん治療の最先端をお聞きできた貴重な機会でした。

講演内容
1. 「ホウ素中性子捕捉療法による難治性の頭頚部がん治療について」
          加藤逸郎( 大阪大学 歯学研究科 口腔外科学第二講座)


加藤逸郎先生は大阪大学の口腔外科で腫蕩治療を専門とされている新進の歯科 医師で、頭頚部がんに対してホウ素中性子捕捉療法(BNCT)を世界で最初に実施 された権威です。

京都大学原子炉やJRR- 4原子炉を使って多くの患者さんに 希望を与えて来られた先生です。

ホウ素をがん患者にあらかじめ投与し、腫瘍 にホウ素が集積したところに熱中性子を照射することで、患者の被ばくが少なく、且つがん細胞だけが選択的に死滅されるという、ホウ素中性子捕捉療法の 現実の患者さんへの適用で、多くの優れた治療成果を上げておられます。

加藤先生の外来には日本全国から患者さんが来られており、その実例を講演して頂 き、中性子を利用したがん治療の優秀性をお話し頂きました。

非常に効果的な症例 を拝見し、中性子によるがん治療の優秀性が理解できました。

 

2. 「液体金属リチウムをターゲットとするほう素中性子捕捉療法装置の開発」
     堀池 寛(大阪大学工学研究科教授)


研究用原子炉ではがん治療に回せる余裕が少なく、また原子炉は医療施設として認定されないため医師には使い難く、病院に隣接して 設置可能な中性子装置が、加藤先生他の多くのがん専門医の方々より渇望されて おります。

このため大阪大学の工学部、歯学部、医学部では三菱重工、住友商事の支援を得て、加藤先生や旧第一講座の液体金属技術、OKTAVIAN中性子源の経験を 生かした、液体金属リチウムをターゲットとする中性子捕捉療法装置の開発を進めて おられます。液体リチウム方式は、中性子に付随して生成されるガンマ線が少ないため、治療を受けられる患者さんの被ばく線量が圧倒的に少ないのが特徴です。


中性子源用の液体金属リチウムターゲットの開発の経緯と今後の計画について講演いただきました。

  pdfファイルの資料をダウンロードいただけます。  pdf 

2014年12月24日(水)

  1.「放射性廃棄物:ゼロリリースと地層処分」   

                                pdf

                       鈴木 聖夫   

 

  2.「原子力の進むべき方向」            

                                pdf

     NPO ニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

 

 2014年11月26日(水) 

  1.「国際会議を終えて 今後の課題について」

      ニュークリア・サロン 代表理事  藤家 洋一

           シンポジウムの総括と今後の課題     pdf

          エネルギーと地球環境を考える(テキスト) pdf

          環境とエネルギーを考える(スライド)    pdf

 2. 「国際会議を終えて SCNESの今後の具体化に向けて」

      日本原子力発電㈱ 執行役員 小竹 庄司

                              配布資料  pdf 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   国際シンポジウム

   「放射性廃棄物低減に向けた現状と将来の展望

     ~ゼロリリースを目指して~」

  10月9日(木)・10日(金)の2日間にわたり、

  国際シンポジウム

  「放射性廃棄物低減に向けた現状と将来に向けた展望

  ~ゼロリリースをめざして~」を、

  主催:独立行政法人日本原子力研究開発機構、

  協賛:特定非営利活動法人ニュークリア・サロンで開催しました。

  以下にプログラムをご紹介します。

  下線のある表題をクリックすると配布資料を

  PDFファイルでダウンロードできます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  国際シンポジウム
  「放射性廃棄物低減に向けた現状と将来の展望                                  ~ゼロリリースを目指して~」


 日時:平成26年10月9日(木)、10日(金)
 場所:タワーホール船堀                           
     

 (〒134-0091東京都江戸川区船堀4-1-1)
プログラム
[1日目] 10月9日(木)
「原子力の利用と環境との調和」
司会(JAEA) 佐賀山 豊

 1. シンポジウム開催あいさつと来賓あいさつ

   ・松浦祥次郎 JAEA理事長
   ・田中 敏 文部科学省
研究開発局長

 2. 基調講演

   ・自ら整合性のある原子力システム


      ”資源確保と環境保全の同時達成” 

                    (NSF)藤家洋一   

    fujii-e

     SCNES


 3. 核燃料サイクルの取り組みと

                放射性廃棄物の低減 


   ・核燃料サイクルに関する民間の取り組み 

                (JNFL)田中治邦  

    


   ・高速炉の役割と「もんじゅ」への取り組み 

                (JAEA)青砥紀身  

     Fast Reactors


   ・The French Program for

    a Sustainable Management of

    Nuclear Materials and Waste

          (フランスCEA) B Boullis  

    ASTRID


   ・Fuel Cycle Based on Integral Fast Reactor and   

    Pyro-processing

           (アメリカANL) Y Chang  

    IFR


 4. 将来の高レベル放射性廃棄物の

          さらなる滅容化・有害度低減

 

   ・核変換による高レベル放射性廃棄物の

    大幅な低減・資源化

                (JST)藤田玲子  

    Reiko Fujita

   ImPACT

   ・SCNESによる放射性廃棄物の低減 

               (JAPC)小竹庄司  

   SCNES

 

   ・加速器による放射性廃棄物の低減 

               (JAEA)大井川宏之   

   to stable nucleus

 

   ・MYRRHA  (ベルギーSCK . CEN) Marc Schyns  

   MYRRHA


 5. 原子力と地球環境
   ・Thermodynamics of Biological Energy System          

                       (ドイツ)R.Radebold

   ・地球温暖化と原子力 -2つの廃棄物問題- 

       (エネルギーシンクタンク)田下正宣   

  nuclear waste


 6. パネル討論
   ・原子力の利用と環境との調和に関する今後の展望

    モデレーター:

     (日本エネルギー経済研究所)田中伸男


 [ 2日目] 10月10 日(金)
  「分離・回収と核変換技術の現状と将来」
                    司会(JAEA) 佐賀山 豊

 7. 研究開発の現状と展望(第一部)


   ・研究開発の現状と展望 ―元素分離―

                  (JAEA)森田泰治  

   separation


   ・レーザーによる同位体分離

                  (JAEA)横山啓一   

  Cs


   ・乾式再処理と金属燃料高速炉による

    分離・核変換技術

                  (電中研)小山正史   

  CRIEPI


   ・高速炉を用いた核変換技術 (JAEA)安部智之
 

    MONJU


   ・加速器駆動システム(ADS)を用いた

    核変換技術           (JAEA)辻本和文  

   ADS


 8. 研究開発の現状と展望(第二部)

   ・金属燃料高速炉による

        放射性廃棄物の消滅処理

                   (東芝)有江和夫   

        SCNES core


   ・高レベル廃棄物の処分負荷低減に向けた

    諸量評価ツールの開発    

                  (三菱重工)森 行秀

    MA separation

 
   ・長寿命廃棄物核変換システムに対する

    日立の取り組み                           

                  (日立)日野哲士   

  FLUOREX


   ・京都大学原子炉実験所における
     加速器駆動システムの基礎研究の現状 

                (京大炉) 卞 哲浩  

   KUCA ADS


 9. パネル討論
   ・将来に向けた研究開発と国際協力
         モデレーター: (東京都市大)高木直行
 10.閉会挨拶
   ・吉田信之JAEA 理事

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  シンポジウムの内容について広く一般の方々に知っていただく

  ために日本原子力研究開発機構によってニコニコ生放送として

  中継されました。

  動画は日本原子力研究開発機構のホームページからご覧になれます。

  http://www.jaea.go.jp/news/symposium/RRW2014/shiryo.html


  また、概要・開催場所等につきましては、

  添付「国際シンポジウムパンフレット」参照願います。

  

               パンフレット   pdf 

              

         zero release

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

「原子力の本当の話」発刊のお知らせ  2013年9月25日発行

 book_genhon

           NPO法人ニュークリア・サロンの講演会の実績

  2014年9月24日(水) 

  1.「地球環境と原子力」

      エネルギーシンクタンク(株)代表  田下 正宣

  2.「整合性のある原子力システムの概念」          

                           pdf

      NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

  2014年8月27日(水)

   1.「未来選択とエネルギー(原子力)政策」

          早稲田大学招聘研究員 村田貴司  

   2.「核変換による高レベル放射性廃棄物

     大幅な低減・資源化を中心に」

                            pdf 

        ㈱東芝 電力・社会システム技術開発センター

                技術顧問 理学博士 藤田玲子

    3.「アジアにおける国際協力」

         NPOニュークリア・サロン代表理事 藤家洋一

 2014年7月23日(水)

    1.「日本・カザフ20周年ワークショップ参加報告」  

                          pdf

          丸紅ユーティリティー(株) フェロー 岩見哲朗

    2. 「日本原電の最近の動向について」

         日本原子力発電㈱ 常務取締役 木村 仁

    3. 「整合性のある原子力システムの概念」

        「資源確保と環境保全の同時達成は可能か」

         pdf  図表pdf

          NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

  2014年6月18日(水) 総会

  総会後の講演会

   1. 「原子力に対する時代認識」

         pdf

        NPOニュークリア・サロン代表理事 藤家洋一

 

       資料1 book_genhon    

      資料2-1 Atoms for Peace 50周年会議

             での発表資料(英文) 

                     pdf   

      資料2-2

       Atoms for Peace 50周年会議での発表内容(和文) 

                    pdf

       資料3  book_genshiryoku

       資料4 日本とカザフスタンとの20年にわたる交流  

                    pdf

 

  2014年5月28日(水)

    東京大学伊藤国際学術研究センターにて東京大学公共政策

    大学院と東京大学GSDM(Global Leader Program for Social

    Design and Managementの主催で「原子力の平和、安全な利用と

    統合型高速炉」と題した国際シンポジウムが開催され、当NPO

    の藤家代表理事がキーノートプレゼンテーションを行いました。  

                    pdf

    当NPOの5月の講演会なし。

 

 ◆ ㈱地球技術研究所 代表取締役 学術博士(技術史) 

   荒川文夫様からいただいた報告書を紹介します。

   日本における原子力発電の歴史を調査分析された報告書です。

   電気学会でまとめられた報告書の一部にもなっているものです。

   ご一読ください。

                    pdf

 

 ◆ 東京大学大学院理学系研究科の蓑輪 眞様からいただいた

   研究成果の報告です。

  原子炉の運転状態をニュートリノでモニターする保障措置技術の

  紹介です。 原子炉のニュートリノをモニターできたのは  世界初

  とのことです。英文での研究成果を紹介します。

                    pdf

  2014年4月16日(水)


    1.  「エネルギー政策を論じるには

             世界的・長期的な視野が不可欠」


           エネルギー・環境研究会

          (元日本原子力研究開発機構 副理事長)

                             早瀬佑一


    2.  「エネルギー基本計画と原子力」 

                 pdf


            文部科学省 研究開発局 

                    原子力課長 増子 宏


    3. 「自ら整合性のある原子力エネルギーシステム

        (SCNESによる放射能消滅)」

                pdf

       (整合性のある原子力システムの概念)

      -資源確保と環境保全の同時達成は可能か?-

                pdf


          NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家 洋一

   2014年3月17日(月) 


     1.  「 SCNESによる高レベル放射性廃棄物の処理」


          (株)東芝 電力システム社 有江 和夫


     2.  「当NPOの国際連携の活動について」
       NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

2014年2月は講演会なし

  2014年1月29日(水) 


     1. もんじゅの歴史と今後に向けて」      

           pdf


         日本原子力研究開発機構 敦賀本部 

         プロジェクト推進アドバイザー 向 和夫


      2. 「原子炉内における中性子の挙動」


           原子力安全基盤機構  遠藤 寛


      3.  「ロングライフFPの消滅について」


          日本原子力研究開発機構 

              関西工学研究所  横山 淳


      4. 「当NPOの活動の成果と将来への夢」


           NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

 

   2013年12月25日(水) 


      1. 浜岡原子力発電所の安全性向上に向けた

                          取り組みについて」


         自主的に取り組んできた対策

         (地震対策・津波対策・重大事故対策)及び
                    新規制基準を踏まえた追加対策


           中部電力原子力本部原子力部 部長 鶴来俊弘


      2. 「当NPOの活動の成果について」


        「今後の原子力のあり方」について

                 今まで行ってきた活動を報告


          NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

 

   2013年11月12日(水) 

      1.「ドイツのエネルギー方向転換(Energiewende) 政策

        から学ぶこと、学んではいけないこと」 

  
          NPOニュークリア・サロン メンバー

             (三菱マテリアル社友) 菅野義彦


       2. 「ドイツと欧州における原子力事情

                  (ドイツ歴訪を終えて)」


         NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

 

   2013年9月25日(水) 

       1.世界のエネルギー情勢と安全保障戦略  

           日本エネルギー経済研究所特別顧問

           (前国際エネルギー機関事務局長) 田中伸男

       2.地元は原子力をどう見ているか    

                新潟県刈羽村村長 品田宏夫

       3.今後の原子力の進むべき方向

               (利用から調和へ)  

            NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

       4.原子力の今後を考える対話   

           新潟県刈羽村村長            品田宏夫

           日本エネルギー経済研究所特別顧問 田中伸男

           NPOニュークリア・サロン 代表理事  藤家洋一

           NPOニュークリア・サロン 副代表理事 池田 要

 

   2013年7月10日(水) 


       NPOニュークリア・サロン講演会 

        於:東京大学 武田先端知ホール

  
       主題: 「原子力の今後を考える」


      13:30  開会及び主催者あいさつ


      13:35-14:15 今後の原子力の進むべき方向

          (資源確保と環境保全の同時達成)


           NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一


      14:15-15:00 日本原燃・再処理工場の運転開始に向けて


        日本原燃(株) 常務執行役員 再処理事業部長代理

                     再処理工場長 村上秀明


      15:00-15:45 立地地域の現状と課題


                 福井県敦賀市 市長 河瀬一治


      15:45-16:45 東日本大震災による女川原子力発電所の

              被害状況の概要および


              更なる安全性向上に向けた取り組み

                東北電力(株) 

                常務取締役原子力部長 渡部孝男


       17:00 クロージング 

          NPOニュークリア・サロン 副代表理事  森 建二

                     講演会の概要メモ

    2013年6月12日(水)

      1.「新規制基準等踏まえた安全性向上対策の

         取り組みについて

           「3,4号機がどうやって再稼働したか」


             関西電力(株) 

              サイクル事業グループ 大濱 稔浩


    2.「Implication of Fukushima and

          Future Prospects for Nuclear Energy


      (福島事故を教訓に今後の原子力の進むべき方向)


          NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

   2013年5月15日(水)(総会)


      1.「サンタフェ・セミナーの始まり:

         日米原子力対話の1つとして」   


        元電気事業連合会ワシントン駐在 松尾雄一郎


      2.「自ら整合性のある原子力システム」 

  
         NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

   2013年4月24日(水)


      1.「核燃料サイクルの完結について」  鈴木 聖夫


      2.資源確保と環境保全の同時達成にむけて」  

 
        NPOニュークリア・サロン 代表理事 藤家洋一

 

   国際シンポジウム  2012年4月11~14日

      シンポジウム スナップ写真

     各国の女川原子力発電所見学の感想 

     "福島第一原子力発電所事故を教訓に原子力科学技術の将来を目指そう"

     プログラム(和文)

     プログラム(英文)

    泉信三記念講演(2012年3月13日)

 

  2011年3月11日 

  東日本大地震に伴う津波による

    福島第一原子力発電所事故関連

  インタビュー

     「FRANKFURTTER? ALLGEMEINE ZEITTUNG」 2011年3月13日   

     「サン」       2011年7月10日

     「世界日報」 2011年7月27日

    「公明新聞」2011年9月10日

   韓国における記者会見

     デジョン市KAISTにおける記者会見      2011年4月19日

     ソウル市プレスセンターにおける記者会見  2011年4月20日

 

   その他記事等

     世日クラブ講演記事         2011年10月19日                       

     報道に答えて                   2011年3月14日、17日

     海外に向けて                   2011年 3月16日   ンインタビュー

     Dr. Pepplerからの書簡    2011年6月17日

     メッセージ   福島第一原子力発電所事故に思う

     会員投稿    原子力利用の本質、全体、展望

    2010年~12年の講演会活動